気象データは電子閲覧室で自由に閲覧が可能ですがダウンロードの機能がありませんでした。(現在は1時間データのダウンロードはここで可能になっています。)

このソフトは1時間毎(または10分)の気象データを自動閲覧しデータファイルを作成するシステムです。
このソフトを起動すると次の画面が現れます。
初期画面

閲覧期間を設定します。
閲覧地点コードは地図上をクリックすと次の画面のようにローカルエリアマップが表示されますのでその中から選択します。
ローカル地域

観測ポイントにマウスを移動させると観測内容が表示されます。
ポイント情報

図のように観測地点が表示され「自動閲覧開始」が選択可能とます。
準備完了

「自動閲覧開始」をクリックすると出力ファイル先を指定した後、閲覧が開始されます。出力ファイルはCSV形式となります。

電子閲覧室(2010/04)のリニューアルにともない画像がPNG形式となりました。PNGファイルを読み込みには明熊工房のTransG32.DLLを利用させていただいています。

電子閲覧室(2012/03)のリニューアルにともない文字コードがUTF-8に更新になりました。EXEファイルのみを更新する場合はこちらを使用してください。

電子閲覧室(2020/01)のリニューアルにともない天候情報も表示しました。EXEファイルのみを更新する場合はこちらを使用してください。

・VB6版

気象データ自動閲覧ソフトのダウンロード(Setup)

・.Net版

実行ファイルのみ   Setupファイル